炙り屋kamakura

懸賞 2019年 10月 27日 懸賞


カマクラの中に入ってみませんか?




\(^o^)/



e0292546_06555601.jpg






津駅東口、踏切からまっすぐ23号線に向かって歩いて来ると2つ目の交差点の角に一際目を惹くカマクラ造りの焼鳥屋さん。
11年前から営業しているそうです。
(箸置きが落花生っていうのも可愛いよね)






e0292546_06583417.jpg






久しぶりに貴美子夫人を誘ってディナーにやって来ました。
カウンターに並んで座りジンジャーエールと梅酒(あっさりめの日本酒ベースの山田十郎)で乾杯!
♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪






e0292546_06560212.jpg






おまかせ鶏の2500円のコース(コースはチャージなし)でお願いしました。






e0292546_06560454.jpg






まずは鶏の天ぷら、アオサ塩からスタートです!
もう一発目でこの柔らかさにやられたね!
もうヤバい、これだけで絶対この店、美味しいはず!って思った。
(最終的にやっぱり当たりだったけどね!)





e0292546_06584224.jpg





お豆腐のサラダ





e0292546_06562812.jpg





串は4種類、ささみわさびと味付きうずら、砂肝など。





e0292546_06562910.jpg






出汁巻オムレツもめっちゃ美味しかった!
あんが絶品!もうヤミツキ!これは絶対に食べた方がいい!
(((o(*゚▽゚*)o)))♡






e0292546_06563308.jpg





貴美子夫人はお酒、お代わりしてました。





e0292546_06563493.jpg




手羽先。
これ、マジでヤバかった。
もうヤバすぎ!





はっきり言っちゃって良いですか?





私が今まで食べて来たどこの手羽先よりも美味しい!
断言できる!





もう、マジで2人でイナバウアーしまくった絶品です!
おまかせだからみんなが頼んでも出て来ると思うけど、コースで頼まないんだったら、手羽先だけは絶対に食べてみて!





いい?騙されたと思って食べてみて!
私がイナバウアーしたら間違い無いの!
やっぱり私には騙されてなかったって確信するはずだから!ネ!(^з^)-☆





e0292546_06563847.jpg






自家製つくね焼き 月見添えも最高でした〜!
ああ〜、またすぐ食べに行きたい!
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆





e0292546_06572754.jpg






伊勢赤鶏ぞうすいで〆ました。
めっちゃあったまった〜!






e0292546_06572991.jpg






メニュー載せておきますね。






e0292546_06573338.jpg



e0292546_07001055.jpg




e0292546_06573712.jpg




e0292546_06575598.jpg




e0292546_06575707.jpg





飲み放題付けてたら鶏のコースも4500円なんだけど、女性って飲み放題って言われてもそんなに飲まないじゃん?
しかも私なんていつだって車なんだし。





飲んだところでせいぜい2ドリンクなんだから、ソフトドリンク1杯280円でいいわけ。
飲み放題なしにしたら2000円引きなんだって〜!





それって、めちゃくちゃお財布に優しく無い?
2000円引きっておっきいよ〜。
2500円だったら女性グループでも気軽に行けると思うのよ。
(ここ、もうちょっと強調して言っておいた方がいいと思うのよ〜)





e0292546_06580053.jpg




めっちゃ美味しい鶏のコース2500円(税込)ポッキリ。
これ!
これでお腹いっぱい大満足!





どれもこれも全部美味しい!
私が津駅前で一番大好きな焼鳥屋さんは【ふうFirst】なんだけど、カマクラもこれで並んだわ!
ヤバい!マジでレベル高し!





焼鳥に目がないシンデレラのハートを射抜いた炙り屋kamakura❤️
これから寒くなるしちょうどいい!
カマクラの中であったまろうぜ!ベイベー!
OH!YEAHーーーーー!!!!!





\(^o^)/




炙り屋カマクラ居酒屋 / 津駅
夜総合点★★★★ 4.5

関連ランキング:居酒屋 | 津駅


by princesscinderell | 2019-10-27 21:00 | 津エリア ディナー | Comments(0)

<< アーバンホテル京都四条プレミア...   パリのアメリカ人 >>